シェーグレン症候群 症状 高熱

シェーグレン症候群に見られる症状「高熱」

スポンサーリンク

全く身体に問題なく暮らしている人もいれば、様々な症状に襲われている方もいる・・・そんな病気がシェーグレン症候群です。
臓器病変伴う自己免疫疾患となるこの病気には様々な症状がありますが、高熱という辛い症状が出る方もいます。

 

 

【シェーグレン症候群とはどういう病気?】
中年女性に発症例が多いシェーグレン症候群は、涙腺、唾液腺等が出にくくなり、全身に症状が出ることもある自己免疫疾患です。
膠原病に合併して起る二次性と合併がない原発性があります。

 

症状としてはドライアイ、口腔内の乾燥などがあり、これら以外健康に暮らしているという患者さんも多いです。
しかし全身性の臓器病変を伴うこともありますし、悪性リンパ腫などを発症する患者さんもまれにみられるようです。

 

 

【症状は多岐にわたる】
一般的にそれほどひどくない方の場合、ドライアイ、口の乾燥、鼻腔の乾燥などがありますが、症状が強く出てしまう方は唾液腺が腫れる、傷む、また高熱が出るという方もいます。
アレルギーや日光過敏等も出てくることがありますし、だるい、記憶力低下、頭痛、めまい、うつなどを発症する方もいます。

 

スポンサーリンク

 

【シェーグレン症候群に見られる微熱、高熱など】
シェーグレン症候群では熱が出ることもあります。
膠原病の一種といわれるこの病気の患者さんの中には、原因不明の高熱が長く続き、それによって医療機関を受診し検査を行っていく過程でシェーグレン症候群と判明した方も少なくありません。

 

38度以上の高熱で原因不明という場合、不明熱とされますが、この高熱の原因は感染症などの場合もあるので、専門機関で感染症、また悪性腫瘍などの疑いを検査によって取り除くことも必要となります。

 

 

【食欲低下や体重の減少がある場合】
シェーグレン症候群が発症した場合、高熱のほかにも食欲がない、体重が減る等もあるようです。
この他ドライアイなどがみられる場合、この病気の可能性がありますので、しっかり精密検査を受ける方がいいでしょう。
高熱が長く続くと次第に疲労し、その他の症状が悪化する可能性もあります。
早めに診断してもらう方が安心です。

 

きつい状態になる方もいますし、全く健康な人と変わらないという人もいます。
シェーグレン症候群は、人によって違いがあるので他の人の病状が参考にならないということもあるかもしれません。
医療機関で検査し今の状態をしっかり把握することが大切です。

スポンサーリンク