シェーグレン症候群 症状 痩せる原因

痩せる原因はシェーグレン症候群の症状にある?

スポンサーリンク

シェーグレン症候群というものをご存知でしょうか。
免疫機能が正常な細胞を攻撃してしまうという自己免疫疾患の一つで、今現在も明確な原因が解明されていない難病の一つとされています。

 

 

【代表的な症状】
シェーグレン症候群の代表的な症状は、ドライマウス・ドライアイ・関節の痛み・倦怠感となります。
ただ、シェーグレン症候群は多様な症状をもたらす病の為これ以外にも様々な症状を訴える患者がいます。
そうした症状の一つに痩せる原因になる、というものがあります。
この痩せる原因は、膠原病の初期症状にあります。
膠原病とは細胞と細胞を結びつける膠原繊維に異常が起きた際に起こる病で、シェーグレン症候群もこの膠原病に該当します。

 

 

【シェーグレン症候群の分類】
シェーグレン症候群は膠原病に合併する二次性シェーグレン症候群というものと、そうではない原発性シェーグレン症候群に分類することが出来ます。
痩せる原因となるのは前者の二次性シェーグレン症候群となります。
この症候群の男女比は1:14と非常に偏っている為、患者は女性が圧倒的に多くなります。
また、年齢のピークは50代にありますが、少数とは言えほぼすべての年齢の人が発症することがあります。

 

スポンサーリンク

 

【痩せる原因は食事を取らない事】
現状はこの症候群の根治は出来ません。
ですので、基本的には各乾燥に対しての症状を緩和させることが治療のメインとなります。
また痩せる原因に対しては、食欲不振などがある為、無理をしすぎない程度に極力食事を取るようにすることが好ましいでしょう。

 

食事は人間の体を作る上で最も重要な要素となりますので、食事を取らなければ痩せる原因だけに留まらず、その他の合併症を引き起こす要因になりかねません。
また、ストレスなども痩せる原因になる為、健康的な体を維持するためにもあまりストレスを貯めこまないようにした方が良いでしょう。

 

根治する事が出来ない病という事でどうしても長く付き合っていくしかないものではありますが、各症状に対しての有効とされている薬は存在します。
いずれ技術進歩で何らかの治療手段が発見される可能性もありますので、現在この病と闘病されている方は大変かと思いますが希望を捨てないでください。

スポンサーリンク