シェーグレン症候群 余命

シェーグレン症候群と余命について

シェーグレン症候群と余命について

スポンサーリンク

難病の一つとされているシェーグレン症候群には命を脅かす事態が発生しうるのでしょうか。

 

 

【病気と「余命」】
重大な病気に罹ってしまった場合、誰もが考えるのが、その治療方法、完治は出来るのかという点、そして、『余命』に関しても頭をかすめるかもしれません。
特に、『難病』という言葉を聞くと連想してしまう一つのワードかもしれません。

 

私達は往々にして、最悪の状況を考えてしまうものです。
それが、いわゆる病気における「死」、そしてそれまでの余命です。
実際に医師から余命を宣告されるような状況に直面する、ということは少ないでしょう。

 

しかし、余命云々というよりは、罹ってしまった病気を、どのくらいの期間があれば治療することができるのか、どのくらい時間が掛かるのか、という点について考える方が賢明でしょう。

 

 

【シェーグレン症候群の詳細】
その「難病」に指定されている病気の一つに『シェーグレン症候群』があります。
これは体の免疫機能が異常に動作してしまい、正常な細胞にさえ攻撃を加えてしまい、それによって全身に様々な症状が見られることがある病気です。
シェーグレン症候群にかかると、肌荒れ、血管炎、嚥下障害、関節炎、ドライアイなど、様々な症状が見られるようになります。

 

スポンサーリンク

 

【難病について】
シェーグレン症候群は、難病とされている通り、完治のための治療法が確立されていない病気です。
この病気自体に、余命を宣告されるような状態に発展することは少ないと言えますが、他の病気と併発(誘発)された場合は別です。
循環器系、呼吸器系臓器の病気と併発した場合、余命に影響を与える可能性は否定できません。

 

 

【余命を考える前に】
重大な病気、シェーグレン症候群のような難病という言葉を聞く際には、やはり余命という点について考えてしまうことがあるかもしれません。

 

しかし私達はどのような場合においても、まずは早期発見と早期治療、完治が難しくても可能な限り普通の生活を送れるような治療を行っていくことが大切になります。
シェーグレン症候群は他の病気と併発した場合において命の危険が伴う場合があります。

スポンサーリンク