シェーグレン症候群 症状 だるい 対処法

シェーグレン症候群のだるい症状の対処法とは

スポンサーリンク

シェーグレン症候群と呼ばれている病気をご存知ですか?若い女性が発症するとも言われていますが、中年期の40歳代〜60歳代の方にも症状が現れる疾患です。
最近での若い女性タレントさんが患っていると公表していましたのでどのような病気なのか興味を持たれた方も多いはずです。
だるい症状も出やすくて、疲れやすくなるシェーグレン症候群の対処法を確認してみましょう。

 

 

【シェーグレン症候群とは】
自分の身体を守るために免疫機能が頑張っているのを知っていますか?空気中に漂っている細菌や異物などが身体に侵入すると、免疫力が働いて、それらの物質を吸収して無力化したり、身体から追い出す役割を担っているのが免疫機能です。

 

しかし、原因はまだハッキリとわかってはいませんが、自己免疫機能が悪い方向に働いてしまい、正常な細胞までも攻撃することで組織が破壊されてしまい身体のいたるところで障害が起きる症状をシェーグレン症候群と読んでいます。

 

スポンサーリンク

 

【シェーグレン症候群の症状と対処法】
だるい症状がみられるシェーグレン症候群にはどのような対処法があるのでしょう。
たとえば、免疫力が落ちているので、だるいという症状は出てくるのはわかりますが、腎臓や肝臓、甲状腺などの臓器が障害を受けているのであれば倦怠感などのだるい感じが生じます。
目が乾くドライアイや口が乾くドライマウスでは、涙が出にくく唾液が出ないことなので、だるい症状は見られません。

 

だるい場合の対処法など存在するのでしょうか?シェーグレン症候群のための対処法では、本来であれば、膠原病科があるのであればそこを受診することがいいのですが、どこに症状が出ているかで対処法にも違いがあります。
目であれば眼科、口であれば口腔科など、発生している場所で診察することが望ましいでしょう。

 

シェーグレン症候群では、だるいことが生じることが多くあります。
対処法としては、その症状により治療法も異なりますので必ず専門医を受診してください。

スポンサーリンク