シェーグレン症候群 初期症状

シェーグレン症候群の初期症状の特徴とは

スポンサーリンク

膠原病の一種といわれるシェーグレン症候群は、芸能界の方の中にも患っている方がいます。
女性、また40代以降に多いといわれるこの病気の初期症状とはどのような症状なのでしょうか。

 

 

【シェーグレン症候群は自己免疫疾患】
この病気の原因は自己免疫の異常といわれています。
何らかのことが原因で免疫の働きが異常になり、蛋白質を抗原と勘違いし自己抗体、リンパ球等が自分自身を攻撃するという病気です。
自分を守るためにある免疫機能が自分を攻撃する機能に変わってしまうのがシェーグレン症候群です。

 

膠原病の中でもシェーグレン症候群の場合は、唾液腺、涙腺などの組織を主に破壊してしまうため、ドライアイや口腔内が異常に乾くなどの症状が出てきます。

 

 

【初期症状は組織破壊による症状】
初期症状としては、特に目、口などに症状が出てきます。
目が乾燥し涙が出ない、目が常に疲れる、口が渇き唾液が出ないので虫歯が多くなり味覚が鈍るといった症状もあります。
こうした分泌液に異常をきたすということが、この病気の非常に大きな特徴となりますが、全身症状も出てきます。

 

スポンサーリンク

 

【シェーグレン症候群の初期症状は全身症状としても出てくる】
初期症状の中には全身症状があり、ちょっとしたことで息切れする、疲労感が強い、だるくて動けない、関節が痛い、脱毛や微熱、また頭痛やめまいなども特徴的な症状といわれています。
こうした症状が起る人と、ドライアイなどの症状以外、全身症状が出てこないという人もいます。

 

 

【他の病気と区別しにくい・・・】
自分の体がおかしい?と思い病院へ行っても、シェーグレン症候群と診断されずリウマチなどと間違われてしまう方も少なくありません。
この場合、専門医療機関であればシェーグレン症候群を疑い、ドライマウス、ドライアイなどの特徴的な症状があるかどうかによって診断してくれるはずです。

 

初期症状がドライアイやドライマウスなので、免疫疾患とは思わず歯科や眼科にかかる人もいます。
そこでこの病気を疑ってくれればいいのですが、長く気が付かないこともあります。
初期症状を理解しておけばもしかして?と疑うこともできるのでしっかり覚えておきましょう。

スポンサーリンク