シェーグレン症候群 症状 悪化する原因

シェーグレン症候群の症状が悪化する原因

スポンサーリンク

シェーグレン症候群の症状は、涙腺や唾液腺に存在する外分泌腺に対するリンパ球攻撃が起きることで炎症が生じてしまい、外分泌腺そのものの機能が低下することによる病気です。
この症状では、口・鼻・目などに現れることが一般的ですが、皮膚・腎臓・肝臓・肺・甲状腺など他の臓器に出ることもあります。

 

若い世代から、更年期までの女性に多く見られる症状で、男女比は何と、1対14と言われています。
おもだった原因がなくて、遺伝性でもないとも言われていますし、場合によっては症状がひどくなることもあり、悪化する原因が何か突きとめなければいけまえん。

 

 

【シェーグレン症候群のおもな症状】
シェーグレン症候群とは、どのような症状なのでしょう。
ドライアイなどよく聞かれる症状もありますが、悪化する原因もあるようなので確認しましょう。
免疫機能が低下して、自分の元気な細胞を攻撃してしまうようです。

 

これは、分泌液を排出する道管と呼ばれている管と分泌液を生成するための腺房にの両方に炎症が起きてしまうと考えられています。
炎症が起きることが原因となり、分泌液が減少して、体のいたる箇所が乾燥症状を引き起こすのでシェーグレン症候群の乾いた症状が見られるようになってしまいます。
出現する箇所としては、ドライアイで有名な目・ドライマウスで唾液の分泌量も減ってしまう口腔内などと言われています。

 

スポンサーリンク

 

【シェーグレン症候群が悪化する原因】
シェーグレン症候群が悪化する原因を確認しましょう。
シェーグレン症候群はいくつかの病気が原因となり、現れると言われていますが、どこに悪化する原因があるのでしょう。

 

出産しても、妊娠中であっても問題ないとも言われていますが、抗SS−A抗体を持っていることで胎児にうつってしまい、不整脈を起こすこともありますが、そのような点が悪化する原因でしょうか?それとも予後についてかもしれませんね。

 

あまり再発する訳ではありませんが、このシェーグレン症候群を発症すると長期間病気と付きあっわなければいけないようで、10年以上も治癒しないことも多い病気です。
その中の約3割は、ドライである乾燥状態に問題があり、悪化する原因だとも考えられています。

 

また、新たな病気も併発することもありますので、油断することのできない病気だと言えるでしょう。
生活習慣を見直すことでよくなるともいわれていますので、改善してみましょう。

スポンサーリンク