シェーグレン症候群 ステロイドの副作用

シェーグレン症候群の原因はステロイドの副作用?

スポンサーリンク

薬には高い効果がある反面副作用もあります。
ステロイドの副作用はどのようなものでしょうか。
シェーグレン症候群との関連性は何でしょうか。

 

 

【薬の副作用の怖さ】
私達が普段病気を治療するために用いている薬、それだけではなく、頭痛やめまい、だるさなどといった慢性的に発生しうる症状を緩和するために、用いられている市販の薬は、確かにそれらの症状には効果を発揮します。
しかし、注意しなければならないのはその副作用です。
本来薬は、その用法、用量を守って用いるものです。

 

しかし、個人の勝手な独断により、過剰摂取などを行ってしまうことによって、それが単なる「作用」ではなく、重大な結果に繋がることがあります。
その一つが、ステロイドの副作用です。
ステロイドの副作用とはどのようなものでしょうか。

 

 

【効果とその反動】
ステロイドは、体の異常な防衛反応、アレルギー等に伴う症状を抑える働きがあります。
アレルギー等の症状による全身の炎症などを、抑えるという働きに関しては非常に優秀な薬であると言えます。

 

しかしその効果が強い反面、副作用も強く反応することがあるのが、ステロイドの副作用の怖い部分です。
ステロイドは『シェーグレン症候群』に伴う症状にも治療として用いられることがありますが、やはりその使い方、ステロイドの副作用についても注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

【シェーグレン症候群について】
シェーグレン症候群は体の免疫機能が異常に働く自己免疫疾患の一つです。
シェーグレン症候群は目のかすみ、渇き、鼻や口の乾燥、発熱、頻尿、慢性的な疲労感、などの様々な症状を発症します。

 

シェーグレン症候群の症状の一つに関節痛がありますが、その治療としてステロイドが用いられる場合があります。
個人の判断での、勝手な服用はステロイドの副作用による重大な結果を招くことがあるので注意が必要です。

 

 

【治療法は…】
シェーグレン症候群は明確な治療法が確立されていないのが難しい部分です。
難病指定されている病気です。
こういった難病にもステロイドが用いられます。
ステロイドの副作用、正しい使い方等について理解しておく必要があるでしょう。

 

シェーグレン症候群の症状緩和にもステロイドが用いられる場合があります。
ステロイドの副作用は重大な結果になる可能性があるので注意が必要です。

スポンサーリンク