シェーグレン症候群 障害者手帳 受給方法

シェーグレン症候群で障害者手帳を申請!受給方法とは

スポンサーリンク

シェーグレン症候群は涙が出なくなったり、口が乾いてしまい、唾液が出ずらくなる疾患です。
この症状は、自己抗体が陽性になってしまうことで引き起る症状ですが免疫が低下して健康な細胞まで攻撃してしまうことです。

 

合併すると筋炎・間質性肺炎など全身に症状が出ます。
「障碍者手帳」を申請することができます。
申請方法と受給方法を確認しましょう。

 

 

【シェーグレン症候群で障害者手帳発行】
慢性的な涙腺や唾液腺などの分泌物が自己抗体により障害を受けてしまう疾患です。
二次性シェーグレン症候群に対し、合併しない原発性シェーグレン症候群とに分かれますが、難病指定された疾患になります。

 

女性が発症することが多く自己抗体が自分の細胞に攻撃をかけるためにドライアイやドライマウス、あるいは、全身にある臓器にも影響を及ぼしてしまいます。
原因は不明ですが、環境や遺伝あるいは性ホルモンに関係しているようです。

 

また関節・腎臓・甲状腺・肺・神経に合併すると重症化することが多いので重症化してしまうことで予後が悪くなります。
そのため、シェーグレン症候群では障害者手帳の申請をすることも可能です。

 

しかし、症状によって基準に達しているのかくわしく確認する必要があります。
受給方法について確認してみましょう。

 

スポンサーリンク

 

【シェーグレン症候群の障害者手帳発行と受給方法】
指定難病の診断をされた症状であれば、障害者手帳を申請することも可能ですが審査はかなり厳しく受給対象になるとは限りません。

 

障害者手帳をもらうためには、まず症状による重症度分類表に状態を当てはめてみましょう。
シェーグレン症候群は医療費助成の対象となり月の治療費が1万円以上かかれば助成されます。
障害者年金も障害者手帳とは違いますので申請もかなり通りやすいようです。

 

しかし、多くの方が悩まれている障害者手帳に関しては、受給方法なども含めてかなりの確率で発行されないと思っておいた方がいいでしょう。
原発性であれば軽症であるためまず、障害者手帳は除外となるでしょう。

 

障害者とは生まれつき身体に障害を持っている方であれば認められていますが、合併症の疾患ですし会社勤めなどしているようであれば受給方法を尋ねたとしても障害者手帳は却下されるでしょう。
難病指定ですが助成金の申請や障害者年金での受給方法がいいでしょう。
受給方法は保健所に尋ねることで申請方法がわかります。
一日も早く申請しましょう。

スポンサーリンク