シェーグレン症候群 症状 緩和方法

シェーグレン症候群の症状の緩和方法

スポンサーリンク

シェーグレン症候群は、おもに慢性唾液腺炎と乾燥性角結膜炎の症状が見られる一次性シェーグレン症候群と全身にある臓器に合併してしまう二次性シェーグレン症候群とがあります。
どちらも自己抗体により引き起こされると分かっていますが、なぜ自己抗体が起きて健康な細胞までも攻撃してしまうのか原因はわかっていません。
さまざまな症状のあるシェーグレン症候群の緩和方法について確認してみましょう。

 

 

【シェーグレン症候群の症状と向き合うことと緩和方法】
シェーグレン症候群は、目の渇きであるドライアイや、口の中が乾燥するドライマウスなどの症状が見られるのですが、これらの原因は免疫異常だと考えられています。

 

これらの症状が詳しく検査してみないと原因がどこにあるものかが判断できにくく、発症していても通常通りに生活もできる原発性シェーグレン症候群であれば、治療を開始することさえも遅れがちになってしまいかねません。

 

分泌腺の機能が低下している原因ですので、リウマチ膠原病内科などの専門医を受診すべきでしょう。
口や目だけでなく、臓器に合併することもありますので全身を確認してもらいましょう。
自己抗体の検査で陽性反応がでるのであれば、臓器へ攻撃をすでに開始していることもあります。
そのような症状が見受けられるようであれば、シェーグレン症候群はかなり進行していることになるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【症状によって緩和方法にも違いがある?】
実はこの疾患はいまだに原因が解明できていないとも言われていますので、対症療法をすることが一番の緩和方法でしょう。
合併している病変の治療を開始することが重要です。

 

それ以外にも緩和方法がありますので確認しましょう。
規則正しい日常生活を送りましょう。
栄養バランスのとれた食事や疲労なども溜め込まないことです。
適度な運動をすることで適度に汗をかくことも大切です。

 

このような緩和方法であればご自身ですぐにでも取り入れることができるでしょう。
症状にあわせた緩和方法で自分の生活を見直すことが必要でしょう。

スポンサーリンク