シェーグレン症候群 医療保険加入 注意点

シェーグレン症候群で医療保険加入の際の注意点について

スポンサーリンク

指定難病にも認定されているシェーグレン症候群とは自己抗体により、自分の健康である細胞を攻撃してしまう膠原病のひとつと考えられています。
申請することで障害者手帳を支給してもらうことが出来るのですが、この場合でも医療保険加入はできるのでしょうか?その時の注意点などを確認してみましょう。

 

 

【シェーグレン症候群で医療保険加入する際の注意点】
シェーグレン症候群は、慢性的ともいえる涙腺や唾液腺の分泌物が、免疫機能が低下することにより自己抗体から攻撃を受けてしまう疾患です。
そのタイプは2つあり、原発性シェーグレン症候群では、ドライアイやドライマウスなどになってしまうことが多く、皮膚が乾燥してしまう症状も見受けられます。

 

もう1つの二次性シェーグレン症候群では、自己抗体が臓器にも攻撃をかけることで知られています。
甲状腺、肺、関節、腎臓、神経などと合併することで重症化してしまい難病指定にもなっている病気です。
このような難病指定であるのに医療保険加入することはできるのでしょうか?もしできるとしても、申告する際の注意点があるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

【医療保険加入は無理かもしれない?注意点があるの?】
シェーグレン症候群は難病指定にもなっている疾患ですが、この状態で医療保険加入することなんてできるのでしょうか?できたとしても注意点があるはずです!

 

この病気を患っていて、通院中であればまず引受はできないと考えておくべきでしょう。
医療保険とは、完治することが困難な病気に対しては加入することを認めてはおりません。
確かにそうですよね。

 

たいして保険料を払ってもいないのに難病ですから医療費請求しますと言われたら保険会社はどんなに資金を持っていてもあっという間に底をついてしまうでしょう。
それではウソをついて加入しますか?そんなことは無理ですし、注意点としては医療保険を申請した場合にいつから治療を開始したのか診断書で分かってしまいますので絶対に止めましょうね。

 

それではどのようにして医療保険加入することができるのでしょうか?最近の保険では、持病があっても入れる!と宣伝している医療保険があります。
自分の病気がそれに含まれるものか確認してみましょう。

 

シェーグレン症候群では医療保険加入するには注意点があるのがわかりました。
保険にも色々とありますので比較してみることをおすすめします。
きっと入れる保険が見つかりますよ!

スポンサーリンク